第27回 日本臨床精神神経薬理学会 - The Japanese Society of Clinical Neuropsychopharmacology 精神の病に挑む

臨床試験-倫理教育セミナー

臨床試験-倫理教育セミナーのご案内

日本臨床精神神経薬理学会は、精神神経用剤(向精神薬)の治験を適正に実施するために必要な基礎知識の普及を目的として、本セミナーを開催してまいりました。

本年は、「臨床試験教育セミナー」と「倫理研修セミナー」を合同し、名称を「臨床試験-倫理教育セミナー」として開催することとなりました。今年のセミナーでは、島根大学臨床研究センター 宇越郁子先生より、「精神科領域治験におけるCRCの役割」と題しまして、ご講演いただきます。
もう一つは、「アクセプトされる医学英語原著論文をかくために」というテーマで、京都大学健康増進・行動学分野 渡辺範雄先生にご講演いただきます

今年のセミナーも素晴らしい演者の先生をお招きすることができ、参加者の皆さまのご期待を裏切らない充実したプログラムとなるでしょう。大勢の方のご参加をお待ちしております。

なお受講された医師の方は「治験登録医」、他職種の方々は「創薬・育薬認定師」の認定資格の一つを満たすことができます。

  • 一般社団法人日本臨床精神神経薬理学会
  • 理事長 近藤  毅
  • 臨床試験教育委員会委員長 石郷岡 純

日時

  • 2017年11月3日(金)17:00 ~ 19:00

会場

  • 松江テルサ 第4会場:7F ドームシアター

対象

  • 日本臨床精神神経薬理学会会員、非会員(当日会員)

研修単位

  • 「治験登録医」、「創薬・育薬認定師」更新のための単位(4単位)を授与いたします。
  • 事前にお申込みいただいた方には、セミナー終了直後に受講証をお渡しいたします。
  • 当日お申込みいただいた方の受講証は、後日郵送いたします。
  • 再発行はいたしませんので大切に保管してください。

受講証について

  • 研究倫理の講義受講を証明する受講証を発行いたします。
  • この受講証は、大学や学術機関以外に所属する方にも、研究倫理のセミナー受講の機会を設け、所属機関において研究を行われる際に、受講記録を証する書類として、倫理委員会等にご提出いただけることを目的としています。

プログラム(予定)

司会: 石郷岡 純 (CSN薬理研究所)

講演1)「精神科領域治験におけるCRCの役割」
演者:宇越 郁子 (島根大学医学部附属病院臨床研究センター治験管理部門)

講演2)「アクセプトされる医学英語原著論文をかくために」
演者:渡辺 範雄 (京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康増進・行動学分野)

受講料

5,000円

事前申込み締切日

  • 2017年10月16日(月)正午
  • 当日11月3日(金) 16:30~、会場でも申込を受付いたします。

受講申込方法

  • 事前申込は終了しました。
  • 現地受講申込書(Word)
  • 「現地受講申込書」をご記入の上、会場へお持ちください。
    当日11月3日(金)の現地受付にて、「現地受講申込書」に受講料を添えてお申込みください。

    ※この時点で正式な申込み受付となります。
  • 領収証とテキストをお渡しいたします。

お問合せ先

  • 一般社団法人日本臨床精神神経薬理学会 臨床試験教育セミナー事務局
  • 〒102-0075 東京都千代田区三番町2三番町KSビル(株)コンベンションリンケージ内
  • TEL:03-3263-8697 / FAX:03-3263-8687
  • E-mail:jscnp@secretariat.ne.jp